占星術では、星を通じて自分のこと、人生のこと、過去のトラウマ、未来の希望・・・

様々な情報を知る事ができます。

宇宙や星と聞くと、遠ーい世界の話に感じがちですが、私たちも地球に生きている以上、宇宙の住人に違いありません。

だからこそ、実は占星術は私たちに最も近く、生活に密接した学問なんです。

 

このマガジンでは、星の知識や考え方をより身近に、生活に取り入れるアイデアをご紹介します。

占星術を活用して、自分が生きている世界を知り、生き易い人生を実現しましょう。

 

今回は、生活で取り入れるために知っておくべき「基礎的な知識」として、

西洋占星術における牡羊座の基本的な性質について解説していきます。

熱く、明るく、行動的であるとされる牡羊座は、一体どのような星座なのでしょうか?

 

牡羊座の基本データ

 
星座 牡羊座(おひつじ座)
期間 3月21日-4月20日
順番 1番目
属性
陰陽
行動区分 活動
守護天体 火星
星座石 ダイアモンド
星座花 ガーベラ
星座ハーブ・アロマ ローズマリー

牡羊座は、一番目の星座です。

毎年春分と共に私たちの元にやってきて、春からの新しい一年を連れてきてくれます。

 

牡羊座は12人のきょうだいたちの中では第一子のようなもので、

後の12星座は全て、牡羊座が開拓した宇宙の道を歩みます。

それでは、牡羊座はどのようにして、12星座の物語のトップバッターを務めるのでしょうか?

次の項で、詳しく解説していきます。

 

牡羊座の目的

  • I AM – 私は存在する –

占星術において、12の星座は人の一生に例えられます。

一番目を走る牡羊座は、私たちの人生の最初期である0~3歳の象徴でもあります。

生まれた時に赤ん坊が産声を上げるように、牡羊座は自分の存在を確認し、主張する事を目的としています。

 

そのため、牡羊座の人は一生を通して、

自分の存在価値を求め、世界に主張する事を人生の最大の目的とします。

牡羊座の3つの欲求

  • 自己価値
  • 自己主張
  • 新規開拓

牡羊座は、自分の誕生を無意味にするような星座ではありません。

宇宙の道をトップバッターで走り抜けながら、自分が自分である理由を追い求めます。

 

牡羊座にとって、人生の主人公は自分でなくてはなりません。

 

その事実を確認し、主張するために、牡羊座は宇宙を駆け抜けます。

牡羊座の星を持つ人も、同じように「自己価値」を貪欲に求め、他者に「存在を主張」します。

この欲求が満たされていれば、牡羊座は楽しく人生を攻略する事ができるでしょう。

 

 

牡羊座の性質

  • 火星座

私たちが住む地球には、火土風水という4つの元素が存在すると考えられています。

地球に生きる上で欠かせないこの4つの元素は、対応する星座の欠かせない要素を表します。

牡羊座は火の星座にあたり、

  • 希望
  • ロマン

を求める性質を授かりました。

そのため、牡羊座はロマンに突き動かされ、夢や希望を追い求める性質を持ちます。

  • あるあるプチコラム:牡羊座のロマンの形

牡羊座は、誰よりも負けず嫌いです。

一度負けてしまったとしても、必ず根性で立ち上がり、また再挑戦するでしょう。

しかし、牡羊座は決して強い星座という訳ではありません。

ただ、そこに勝利というロマンが存在するからこそ、何度も何度も挑戦する事ができるのです。

このように、ロマンは牡羊座を強くします。

生活する上で心が弱ってしまった時に、意識してみると良いでしょう。

 

 

牡羊座の傾向

  • 陽サイン

地球に存在するもう一つの考え方として、陰陽というものがあります。

自然の秩序を作るとされるこの陰陽は、対応する星座の持つ強さを表します。

牡羊座は陽サインにあたり、

  • 主体的
  • 外交的
  • 積極的

になりやすい傾向を授かりました。

そのため、牡羊座は自分を強く持ち、常に主体的に行動する事が出来るという傾向を持ちます。

  • あるあるプチコラム:牡羊座の強さの形

牡羊座は、いつも明るくいられる訳ではありません。

困難にぶつかって弱ってしまった時、牡羊座は活力を失い、みるみるうちに弱ってしまうでしょう。

ですが、牡羊座の力は「自分を信じて諦めないこと」です。

自分を信じて目標を掲げることができれば、必ず復活を遂げることができるのが牡羊座です。

弱って何もできなくなった時は、意識してみると良いでしょう。

 

牡羊座の行動

  • 活動宮

人の行動や思考には、その人のクセとなるパターンがあるとされています。

何かを始める時、決定する時だけでなく、辞める時も保留にする時も、人生は行動の連続です。

12星座の行動区分は、対応する星座の行動や思考のクセを表します。

牡羊座は活動宮にあたり、

  • 自分から行動する
  • 自分で決定する
  • 自分の意思を貫く

という行動パターンを授かりました。

そのため、牡羊座は何をするにも自分から行い、自分で決定するというクセを持ちます。

  • あるあるプチコラム:牡羊座の動き始める方法

牡羊座は、止まっている状態を何よりも嫌います。

常に自己の存在価値を主張し、活動を好む牡羊座にとって、

誰も自分に気がつかず、動くこともできない状態は監獄にいるのと変わりありません。

そして、一度動きが止まってしまうと、気持ちが塞ぎ込んで、次の行動が億劫になってしまうでしょう。

そんな時は、一度原点に戻り、「自分の願望」に目を向けてみてください。

願望を振り返ることで目標が決まり、次の行動への意欲が生まれるでしょう。

 

 

まとめ

今回は、西洋占星術における牡羊座の基本的な性質を紹介しました。

牡羊座の星を持つ人はもちろん、人は誰しも12の星座の要素を持つと言われています。

心が弱った時、何かを始めたい時に、牡羊座の要素を思い出してみてください。

人生に活かせる新しい発見があるかもしれません。

 

最後までお読み頂き、有難う御座いました。

是非、星を活かして人生を盛り上げてくださいね。